「中国語ピンインと声調を簡単にマスターしよう」の続編 その55

さて今回はリバイバルソングの最終回3/3回目です。

曲目の紹介をします。かなり勝手な私見と偏見が入っていますが、軽く読み飛ばして下さい。

1、幻のときめき
2、幻のときめきⅡ
同じ歌詞で曲調の異なる歌です。
恋にあこがれていた二人が出逢い、お互い夢中になったが、
時の流れと共に心も流れていってしまうという、
いわゆる ありきたりのストーリーです。
男性と女性のデュエットの絡みに力点を置いて作りました。

( 赤=女性  黒=男性  青=一緒 )
この暗い 世界の片隅で息を
ひそめて 出逢いの機会を待っている
あてもなく さまよう むなしさに 耳を
そばだて 湧き立つ出逢いにあこがれる

出逢った時から感じていたわ そのときは
ときめきの あこがれ この胸の高鳴り
一目で感じた 焦がれる想い
微笑みが  泪が こぼれたわ 溢れた 夢見ていた時が来た

出会いの夢を 見てきた二人が 一緒に
今ここで 私たち 一つになる そおよ
運命の出逢いは 夢の中でも
愛し合える 心の温もりを交わす

とりこにされ あやつられ 狂おしく燃えた 悩ましく
悶えて 嬉しい想いが 昇りつめ お返しする
運命をたどって はかない出逢いが
想い出に いつしか すり替わり  何度も ため息をくりかえす

巡りあえば いつの日か 別れの時が 嫌でも
訪れる心が / あなたの愛が  小走りに去って行く
抱き合った 愛しさが忘れられず燃えた
心に 何度も  あだめく 光の 炎が消えてゆく

身体を抱きしめて 息が止まるほど     強く
狂おしく / 愛おしく 何度も 愛した二人  激しく
燃え盛る愛を 重ね抱きしめた 
通り過ぎる心の幻を振り返る

燃え盛る 愛を 何度も 重ね 抱きしめた
通り過ぎる 心の幻を振り返る

3、雨宿り
男と女のはかない愛のストーリーです。
一方的に相手を愛しすぎると、それが重荷になって相手は離れて行ってしまったのか、それとも他の理由で男が去ってしまったのか分かりませんが、
演歌の世界でよく有りそうな悲しい女性版の物語です。
“雨宿り”の言葉がそんな物語のストーリーにピッタリと思って作ってみました。

逢瀬のメールに心が躍る
投げられた誘惑の甘い言葉
他の人には解からぬように
秘密の合図を送ったわ
はち切れそうな想いで胸が高鳴る
綺麗に思われたい気持ちがつのり
化粧の時間が長くなる

握り返した手のひらのぬくもり
口元の微笑みが恋の迷いに誘い込む
あなたの優しい愛xの感触が忘れられない
嬉しいふりして自然な仕草で迎えてくれる
唇が繰り返し覚えてしまった
とろけて湧き出る泉への道

首筋をふわりとかすめる唇の風
何度も逢瀬を重ね覚えたときめきの癖なの
無意識に心も体も開いてしまう
心露わにむき出して火照る体が恥かしい
彼方に合わせて自然に体が動いてしまう

お酒の酔いは私の想いを大胆にする
優しい言葉に誘惑されて心が盗まれる
動かないで 私の我慢が溢れるまで
甘噛みされた感触が忘れられずに狂おしい
甘くだまして下さい夢を信じていたい

キスの時間も短くなった
別れの理由は男が造る
指輪の跡は消えてしまったけれど
心の跡は消えないわ
相性がいいなんて自分勝手に思い込み
独り占めしていたつもりなのに
雨宿りしていただけだったのね

運命の人だと決めていたのに
雨宿りしていただけだったのね

4、オンザロック
2/3回目で紹介した、I LOVE YOU と同系列の歌です。
女性のコーラスを入れて、客がお酒を飲むのをあおっています。
男は はかない夢に酔うために、女のいる酒場に出掛けて酒を飲み、
ひとときのかりそめの時を過ごす。

男は同じパターンを性懲りもなく繰り返すが、
女は同じパターンは学習を蓄積して同じパターンは繰り返さない。

初デートの時の服装を、男はまったく覚えていないが、女はしっかり覚えている。
私にとって、男が同じパターンをとめどもなく繰り返すという感じを強く感じた曲が有ります。
中島みゆきの“ヘッドライトテールライト。
その昔NHKのプロジェクトX のエンディング曲として使われていましたね。

男は今日と同じ道を明日もひたすら歩き続けるという、
悲しい男の宿命を歌っていて思わず涙が出て来てしまう曲です。

夕日が落ちて夜の帳が降りる頃
二人の世界がはじまるわ
今日は何を飲むのかしら強いお酒で酔わせてみたい
ウイスキーをロックでどうです琥珀色が綺麗だわ

今日のお仕事お疲れ様でした
疲れを癒してくつろぎましょう
明日は明日の風が吹くように
今日は私に愛を下さい

さあ、もう一杯乾杯しましょうあなたの未来に
さあ、もう一杯乾杯しましょう二人の世界に


あなたの瞳じっと見つめているうちに
ほんとの気持ちが分かるのよ
あなたの心片隅には他の誰かが住んでいるのね
時計の針は進んでいくのに私たちは停まってる

オンザロックの冷たい氷も
静かにゆっくり溶けてゆくのに
あなたの心は氷のままだわ
溶かしてみたいわあなたの心

さあ、もう一杯乾杯しましょうあなたの未来に
さあ、もう一杯乾杯しましょう二人の世界に

5、Madam パリンドローム
回文(上から読んでも下から読んでも同じ言葉)をいくつか寄せ集めた
お遊びソングです。
回文は英語で Palindrome というそうで、代表的なものに Madam が有ったので
Madam パリンドローム という名前にした次第です。
ネットで回文を探してみたら、たくさん有ってビックリしました。
中には本当に芸術的、神業的な回文も有ったので、この世界に挑戦することはやめにしました。

ロリコン外科医いい加減懲りろ
内科では薬のリスクはでかいな
イカシタ歯科医   右手バテ気味
したわよ私   夜つるつるよ
ミルクと胡桃  まさかさかさま

よく泣く泣くよ  横のその子よ
私貸したわ  子猫と子猫
嘘は怖そう  良い恋来いよ
確かに貸した  床の間の琴
私負けましたわ  関係ない喧嘩

奇跡だ奇跡  魚の中さ
私としたわ  マカオのオカマ
食い逃げに行く  世の中なのよ
耐えたよ耐えた  皆吐く花見
痛い整体  大先生だ

昼までマル秘  ママが私にしたわがまま

以上で3回に渡った、自作曲の押し付け掲載は終わりです。
ご苦労様でした。

引き続き歌詞を募集しています。あなたの思いをお寄せください。

次回は、続編の第56回目で、
「中国語ピンインと声調をマスターしよう」の続編を開始します。

投稿者: pinyin_no.1

このブログの開設理由:6年余りの中国上海駐在生活を通じその後も独自で蓄積した中国語学習資料を教材として中国語を学ぶ人に提供し、中国語ピンインと声調を簡単にマスターしてもらいたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です