「中国語ピンインと声調を簡単にマスターしよう」の続編 その66


 前編から続編の一括目次です。(黄色のページは前編、青のページは続編です。)

今までの内容が一覧できるので興味あるところをご覧ください。
前編と続編~60の目次


従来のパターンから少し目線を変えて、中国語の発音に関する話題に転じた6回目です。

紛らわしい発音のシリーズで、今回はfouとhouとhuoです。

子音がfとhの発音方法は、これまで何度か説明してきましたが、再度説明します。

ハッピーバースデイでロウソクの火を消すときに口先をとがらせてフゥーと息を吹きかけますが、このフゥーは f でも h でもありません。
cu や su や zu の発音の時に使います。

f の発音方法は、上の歯で下唇を噛んだ状態から、勢いよく下唇を前に向かって発射の瞬間ouと発音します。
一方 h の発音は、口先は半開きで喉の奥から声を絞り出す感じで hou はホウと発声します。口先は全然使いません。huoはフゥオと発音します。

fouとhouとhuoの漢字の分布を見てみましょう。
21,fouとhouとhuo

次に、fouとhouとhuoの漢字を抽出したリストを添付します。
当ブログで取り上げている漢字は 15個有ります。
fou はたった一つしかありません。
6,fouとhouとhuoの漢字リスト


それでは実際の発音がどのように聞こえるのか聴いてみましょう。
上記の添付のリストの中から、声調別に6つを選んでみました。
これらの漢字の発音を順番に聴いてみましょう。

 

1,     喉     hou2   のど

2,     活     huo2   活力の活

3,     否     fou3   否

4,     火     huo3   火

5,     后     hou4   後ろの

6,     或     huo4   或いは

houとhuoは前回も出てきましたが、fouも加えた三つどもえの紛らわしい発音として取り上げてみました。
いずれの場合も、フレーズを覚えることで完全無敵の発音が可能になります。

教材の紹介です
教材紹介(2020年4月19日版)
前編の「中国語ピンインと声調を簡単にマスターしよう」の内容と、

続編の内容がすべてこの教材に入っています。
ブログではこの教材の中から都度一部を切り出して掲載しています。

以上で続編その66は終わりです。次回は fuとhuの発音です。

投稿者: pinyin_no.1

このブログの開設理由:6年余りの中国上海駐在生活を通じその後も独自で蓄積した中国語学習資料を教材として中国語を学ぶ人に提供し、中国語ピンインと声調を簡単にマスターしてもらいたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です