中国語ピンインと声調を簡単にマスターしよう69

今回は l の3声です。キーワードは le で始まる言葉 lemon レモンです。

先ず最初 lan3の漢字は、 <怠け者、不精だ>、 <ロープ>、 <見る>の三つです。
フレーズは 「不精ものは/、ロープを/ 見ると/ 按摩(an)屋でレモン(l3)を縛ってしまう。」=lan3です。
觉 shui4 lan3 jiao4 <朝寝坊をする>
lan3 che1 <ロープウェイ>
展览会 zhan3 lan3 hui4 <展覧会>

次lao3の漢字は、 <老いる>です。
フレーズは 「老いて/、オリンピック(ao)でレモン(l3)をかじる。」=lao3です。
この“老”はいろいろな言葉に使われます。その例をあげましょう。
lao3 po0 <かみさん、女房> /lao3 gong1 <だんなさん> /lao3 jia1 <故郷> / lao3 shi1 <先生>/老板 lao3 ban3 <経営者、店主> / 老虎 lao3 hu3 < 虎 >/ 老鼠lao3 shu3 <ねずみ> /是 lao3 shi4 <何時も~だ(悪い意味)>/ 古老肉 gu3 lao3 rou4 <酢豚> /女老少 nan2 nv3 lao3 shao4 <老若男女>この場合 “少” が4声なので注意しましょう 。
hai2 shi4 lao3 yang4 zi0 <相変わらずです>等です。

次lang3の漢字は、 <朗らか>です。
フレーズは 「朗らかに/、スバル(ang)にレモン(l3)載せて帰る。」=lang3です。
kai1 lang3 <おおらかだ、明るい>

次lei3の漢字は、 <たまる、積み重ねる>です。
フレーズは 「たまってくると/、営業(ei)は、レモン(l3)をかじる。」=lei3です。
lei3 ji1 <累積する、積み重なる> / ji1 lei3 <蓄積する、積み重ねる>

次leng3の漢字は、 <冷たい>です。
フレーズは 「冷たい/、エンジェル(emg)の、レモン(l3)ソーダ。」=leng3です。
冻 leng3 dong4 <冷凍する>

 

次li3の漢字は、 <すもも>、 <鯉>、 <お礼>、 <理由>、
<内部、なになにの中>の五つです。
フレーズは 「すももと/、鯉の/お礼の/理由の/中身は/、一個(yi)のレモン(l3)。」=li3です。
li3 zi0 <すもも>
li3 yu2 <鯉>
物 li3 wu4 <贈り物>
li3 you2 <理由、口実>
ren2 dui1 li3 <人込みの中>

次lia3の漢字は、 <二人、二つ >です。
フレーズは 「二人ペアの/ 歯(ia)でレモン(l3)をかじる。」=lia3です。
ni3 men0 lia3 <君たち二人>

次liao3の漢字は、 <了解、できる>です。
フレーズは 「了解/ レモン(l3)は、薬(iao)になる。」=liao3です。
了解 liao3 jie3 <了解している>

次lian3の漢字は、 <顔>です。
フレーズは 「顔/ の眼(ian)は、レモン(l3)のようだ。」=lian3です。
副笑 yi2 fu4 xiao4 lian3 <笑顔>

次ling3の漢字は、 <うなじ、首、領有する>です。
フレーズは 「首/ の宝石(ing) は、レモン(l3)の匂いがする。」=ling3です。
带 ling3 dai4 <ネクタイ>

次liang3の漢字は、 <二>です。
フレーズは 「ニコニコ/ 羊(iang)は、レモン(l3)を食べている。」=liang3です。
liang3 jin1 <1kg>

最後 lv3の漢字は、 <旅>です。
フレーズは 「旅/は、魚(v) に、レモン(l3)をかけて食べるのが楽しみ。」=lv3です。
lv3 xing2 <旅行>

l の3声の “フレーズ集” です。
l の3声の漢字

l の3声の“読み上げ”です。

l の3声の歌。 レモンの歌です。

教材の紹介です。
教材紹介その1

 

私のプロフィールです。
私のプロフィールその6

 

1~60回の目次です。
「中国語ピンインと声調を簡単にマスターしよう」目次1~60

 

投稿を順番に見るには、本文終わりの右下 すなわち 関連記事の右上に pinyin_no.1 の表記が有るので、それをクリックすると 投稿を順番通りに見ることができます。
試してみて下さい。

以上で 第69回目 l の 3声は終わりです。
次回は第70回目になるので 61~69をまとめて掲載します。

投稿者: pinyin_no.1

このブログの開設理由:6年余りの中国上海駐在生活を通じその後も独自で蓄積した中国語学習資料を教材として中国語を学ぶ人に提供し、中国語ピンインと声調を簡単にマスターしてもらいたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です