中国語ピンインと声調を簡単にマスターしよう13

今回は単語についてです。

単語に関しては、たくさんの教材が市販されています。
私は自己学習用にExcelで単語をまとめて、新しい単語に出逢うたびに、その都度加えて来ました。
単語を単語だけで覚えるのは、覚えにくくて とても効率が悪いと感じながら学習してきました。
これから本格的に中国語を学んでいく方には、もっと効率的な単語の覚え方はないものかと考えてみました。

考えた結果、”フレーズ集”に単語集を加えて、漢字を覚える時に、その漢字が入っている単語も一緒に覚えると効率が良いのではないかと思いました。

「中国語ピンインと声調を簡単にマスターしよう7」で紹介した、
「中国語教材内容最初版フレーズ集抜粋170414」の中の単語例の部分を、その漢字を使った単語集に変更する事を試みてみました。

結果、出来ました!!

おまけに、中国の漢字と日本の漢字の比較ができる項目も追加しました。
中国と日本の漢字が同じものには、「日」、中国と違うものには、簡体字の「簡」という文字で判別が出来るようにしました。

また、単語になって、本来の声調が変化して軽声になったものは、単語集の中で緑色の文字にして判別が容易に出来るようにしました。

「中国語教材内容最初版フレーズ集抜粋170414」でのフレーズの並び順番は、
同じピンインで1声、2声、3声、4声の順番でしたが、
今回改定したものは、声調別に並び替えました。
(”読み上げ” や ”曲にして歌う”教材は、もともと声調別に作られています。)

中国語教材内容最初版170414の単語拡張版

漢字のピンインと声調の覚え方と、その漢字が実際どのように使われるかが一覧できる教材は世の中で初めててではないでしょうか。
添付のサンプルで確認してみてください。

投稿者: pinyin_no.1

このブログの開設理由:6年余りの中国上海駐在生活を通じその後も独自で蓄積した中国語学習資料を教材として中国語を学ぶ人に提供し、中国語ピンインと声調を簡単にマスターしてもらいたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です